発電量が多いソーラー設備がなぜ有利なのでしょう?

弊社新築物件は、50Kwでも発電量の多い2,000万円台が中心です。同じ50kw新築物件ではもっと安価で同じく表面利回り10%を確保できる物件もございます。しかしながら弊社物件は価格は多少高くとも大きなアドバンテージがあるのです。

50kw新築物件価格 表面利回り 年間収入
1,500万 10% 150万
弊社2,000万物件 10% 200万

これだけ見ると表面利回りが同じなら、発電効率の差は物件価格に見合うものであるともいえます。
しかし安定的に収益を得るためには、施設のメンテナンス、補修、保険などの経費も必ず必要です。
仮にそれが総額で年間40万必要であったとします。物件価格に関わらず、それらの費用は同規模施設であれば
ほとんど変わりません。 同じ50kw施設であるなら、年間収益200万の物件も150万の物件も40万円のランニングコストが必要なのです。

50kw新築物件価格 表面利回り 年間収入 メンテナンス費用 実収入 実質利回り
1,500万 10% 150万 40万 110万 7.33%
弊社2,000万物件 10% 200万 40万 160万 8%
高効率発電物件は、収益利回りが高い優良物件と言えるのです!